top of page

自分の手でつくる。
自分の作品をつくるためにゼロから学ぶ。

0992.jpg

​ものづくりの原点からはじめる
​コマ撮りアニメーションの学び舎

ユーリー・ノルシュテインさんとの交流から
生まれた学校

発端は2000年ラピュタアニメーションフェスティバルで審査委員長を務めてくれた、ロシアのアニメーション監督ユーリー・ノルシュテインさんの「ここには学校がない」という発言だった。それは当時の日本の若者たちの作品群を初めて観てのことで、翌年、翌々年も同じ言葉を聞くことになった。1985年の広島国際アニメーションフェスティバルより数度の来日を繰り返し、日本を第二の故郷というようになった氏との30年以上にわたる交流の中で、既存の大学-学校教育とは別の形でできる事はないかと模索し続けた。そして作家主義による作品制作の場を確保すること、平たく言えばモノをつくる人が自分の目で見、頭で考え、手でつくる、その初歩的な力を養うための「場」として、アート・アニメーションのちいさな学校が2007年に生まれた。

​人形アニメーションコース 第17期
ドローイングアニメーションコース 第16期
7つの学ぶべきこと

日本世界のアニメーションを
浴びるようにみる

​とにかく動かしてみる

1コマ1コマを撮影していくコマ撮り・ストップ

モーション、キャラクターの動き・演技、アニメートを基本から練習する。

名作、傑作、知られざる作品、とにかくたくさん観る!日本をはじめ、ヨーロッパほか古今東西の国や作家の作品を観る。

"日本の近代とは何か"を学ぶ

シェイクスピア/ギリシア神話/聖書という西欧の基本的要素​を学ぶとともに、日本の近代について考えそして<能>序破急を学ぶ。

映画を大画面でみる

​日本映画を35mmフィルムでみる。ラピュタ阿佐ヶ谷は日本で唯一の日本映画専門フィルム上映館。外国映画も映画館でみる。

「すべては絵コンテだ 」
ユーリー・ノルシュテイン

自分で考え、とにかく絵コンテをかく。曰く「アニメーションに必要なこと、それは一から十まで全て絵コンテだ」。

ドラマツルギーを学ぶ

普通<作劇術>を訳されるが、本来の<葛藤>、ドラマ-物語のつくりを学ぶ。

​ノルシュテインさんと併走する

今、彼はモスクワにおいてかなり辛い立場にある。当校も彼のモスクワ大学での講義録<草の上の雪>を翻訳・制作中である。その内容を制作と同時進行して学習する。

プロの現場を知る

人形づくり、美術セット、アニメート、カメラ・照明技術、編集・仕上げと作品制作に関わる全てを通して学ぶ。それら部分的にはプロの現場・スタジオに参加して学ぶ。

​各コースの詳細・スケジュールはこちら
bottom of page